パイプライン
抗がん剤 トレアキシン® SyB L-0501
概要

「SyB L-0501」の主成分であるベンダムスチン塩酸塩(一般名)は、ドイツにおいて非ホジキンリンパ腫、多発性骨髄腫及び慢性リンパ性白血病の治療薬として長年使用されている抗がん剤です。
米国においてはセファロン社(ペンシルベニア州)が慢性リンパ性白血病及び低悪性度非ホジキンリンパ腫の新規化学療法剤として、米国食品医薬局(FDA)から2008年に承認取得し、米国臨床腫瘍学会(ASCO)の2008年度に最も重要と考えられる研究を 総括した報告書の中で、慢性リンパ性白血病の治療に大きな影響を与えた新薬として選ばれています。
シンバイオ製薬ではアステラス製薬株式会社のドイツ子会社であるアステラスドイッチラント社(ドイツ)より、日本、中国、韓国、台湾、およびシンガポールにおける独占的開発および販売に関する権利を取得しており、2008年8月には、エーザイ株式会社と日本における共同開発・独占販売についてのライセンス契約を締結、2010年10月には再発・難治性の低悪性度非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫を適応症として国内での製造販売承認を取得し、同年12月から、エーザイ株式会社を通じて国内販売を行っています。なお、未治療(初回治療)非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫については、2016年12月に効能追加の承認を取得しました。
また、2016年8月に慢性リンパ性白血病に対する効能追加の国内製造販売承認を取得し国内販売を開始しました。

悪性リンパ腫は、白血球の中のリンパ球ががん化した悪性腫瘍で、リンパ節がはれたり、腫瘤(しゅりゅう)ができる疾患です。ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に分けられ、日本人の悪性リンパ腫では、大半が非ホジキンリンパ腫です。
同疾患に対してはリツキシマブを第1選択薬として抗体療法が施されますが、その無効・再発の症例に対する治療法は確立されていない現状です。

悪性リンパ腫のお話

関連サイト