患者様・ご家族の皆様へ
骨髄異形成症候群(MDS)のお話
4. MDSの種類(病型)

WHO(世界保健機関)分類第4版は2008年に公表され、血球減少、異常な血液細胞の種類、芽球の割合、染色体異常などに応じてMDSを7種類の病型に分類しています。これらの病型は検査結果に応じて決定されていきます。

WHO(世界保健機関)分類第4版
芽球の割合表

環状鉄芽球とは?
細胞内の小器官であるミトコンドリア内に鉄が異常に蓄積した赤血球前駆細胞のことを指します。

5q-症候群とは?
5番目の染色体の長腕部と言われる部分の一部に欠失[del(5q)]があるMDSのことを指します。5q-症候群はMDSの他の病型と所見が違うことから独立した病型として取り扱われています。

5q-症候群