患者様・ご家族の皆様へ
骨髄異形成症候群(MDS)のお話
2. MDSの症状

MDSでは、正常な血液細胞が減少するに従って、次のような症状が現れます。

 MDSの症状

赤血球の減少によって貧血になると、疲労、めまい、動悸、息切れなどがみられます。

白血球の減少によって易感染状態や免疫が低下すると、感染症にかかりやすくなり、発熱することがあります。

血小板の減少によって出血傾向になると、紫斑(しはん)や点状出血、鼻血などの症状がみられます。

なお、初期のMDSでは無症状のこともあります。