患者様・ご家族の皆様へ
悪性リンパ腫のお話
7. 治療方針の決定

悪性リンパ腫の治療法には、主に放射線治療と薬物療法(抗がん剤による治療)があります。これらの治療法は、患者さんの悪性リンパ腫の種類(組織型)、広がり(病期)、病気のタイプ、全身状態によって異なります。これらを正確に把握し、それぞれの患者さんに合った治療法が選択されます。また、患者さん自身も、医師と相談しながら、自分の病気の治療法を十分に理解して、共に治療に臨むことも重要です。