経営戦略
シンバイオ製薬のビジネスモデル

私たちのビジネスはサイエンスからスタートするのではなく、医療と患者さんのニーズが出発点です。
医療価値の高い新薬を1日も早く開発し、提供していくために、他の医薬品メーカーとは異なる独自のビジネスモデルを構築しています。

シンバイオ製薬の優位性
探索能力

グローバルネットワークから抽出された付加価値の高い新薬候補物を選別。
《スクリーニング基準》
1.海外で既に承認されている医薬品
2.臨床試験がレイトステージにあるもの
3.患者数が少ないものも含め、複数のパイプ ラインをバランス良く設定

研究成果評価力

サイエンティフィック・アドバイザリー・ボード(SAB)の確かな見識に支えられた、研究成果への高度な評価能力により成功確率の高い開発品目を導入。

営業・マーケティング体制

がん、血液、ペインマネジメントなど患者さんの少ない希少疾病分野に精通した営業・マーケティング体制を強化しています。的確な医療ニーズの把握と市場調査を行ない、シンバイオ製薬の目指すビジネスモデルの確実性を高めていきます。

ライセンス交渉能力

優れた交渉能力を有し、リスク・ベネフィットに見合う導入の実現により事業効率を高める。

レイトステージ導入ノウハウ

豊富な医薬品開発経験に支えられた、臨床段階からの開発ノウハウを保有。

開発期間の短縮

先行する欧米の臨床試験とのハーモナイズにより最短期間での承認取得を目指す。

コラボレーション・ネットワーク

製造・販売等においてパートナー企業との協力体制により盤石の体制を構築。