会社情報
取締役/監査役
吉田 文紀/Fuminori Yoshida (代表取締役社長兼CEO)詳細
淺川 一雄/Kazuo Asakawa (代表取締役副社長兼COO兼日本事業本部長)詳細
松本 茂外志/Shigetoshi Matsumoto (取締役<社外>)詳細
ジョージ・モースティン/George Morstyn (取締役<社外>) 詳細
ミルトン・グラナット/Milton Grannatt (取締役<社外>) 詳細
ロビン・キャンベル/Robin D. Campbell (取締役<社外>) 詳細
渡部 潔/Kiyoshi Watanabe (常勤監査役<社外>)詳細
一條 實昭/Saneaki Ichijo (監査役<社外>)詳細
遠藤 今朝夫/Kesao Endo (監査役<社外>) 詳細
吉田 文紀 Fuminori Yoshida
代表取締役社長兼CEO
1971年学習院大学理学部卒業。MIT大学院修士課程修了。ハーバード大学大学院で経営学、医療政策論研究。同大学大学院修士課程修了。三菱商事、エイ・エッチ・エス・ジャパンに勤務。1980年日本バイオラッドラボラトリーズ創業。その後、日本シンテックス代表取締役社長を経て、1993年アムジェン株式会社代表取締役社長。アムジェン米国本社副社長。2005年1月アムジェンを退社し、3月シンバイオ製薬株式会社を創業。
淺川 一雄 Kazuo Asakawa
代表取締役副社長兼COO兼日本事業本部長
1977年千葉工業大学工学部卒業。1979年同大大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了後、サンド薬品株式会社入社。1994年日本ロシュ株式会社中枢神経領域部長、1996年サンド薬品株式会社スペシャルプロダクトグループグループ長、1997年ノバルティスファーマ株式会社マーケティング部長、2002年同社執行役員移植・免疫・がん領域事業部事業部長、2005年同社常務取締役オンコロジー事業本部事業本部長を歴任。2015年当社日本事業本部長として入社し、2016年より副社長兼COO兼日本事業本部長。2017年に代表取締役に就任し、現在、代表取締役副社長兼COO兼日本事業本部長。
松本 茂外志 Shigetoshi Matsumoto
取締役(社外)
1972年富山大学薬学部卒業後、中外製薬株式会社入社。営業およびマーケティング関連部門を経て、2002年同社監査室長、2007年常勤監査役、2011年同社顧問を歴任する。 同年、アポプラスステーション株式会社顧問へ就任、その後、2015年にプロティビティLCCシニアアドバイザーを経たのち、2017年に 弊社社外監査役へ就任。現在、日本監査役協会監査実務相談員。
ジョージ・モースティン George Morstyn
取締役(社外)
前アムジェン上級副社長グローバルデベロップメント兼CMO。臨床試験および承認申請の担当役員として、製薬業界やFDAとのパイプ役を果たす。優れた腫瘍遺伝子学者であるモースティンは、造血成長因子の臨床試験の先駆者であった。アムジェン在職中に承認・上市に至った医薬品は5品目。現在、G & R Morstyn Pty Ltd. の最高経営責任者であり、GBS Venture Capital firm (Chairman), Victorian Comprehensive Cancer Centre (Deputy Chairman), Co-operative Research Centre for Cancer Therapeutics, Biomedical Research Victoria, Actinogen Medical LtdなどのDirectorを兼務。2013年10月ATSE (The Australian Academy of Technological Sciences and Engineering)のフェローに選出。
ミルトン・グラナット Milton Grannatt
取締役(社外)
リーハイ大学経済学博士号取得。前ノバルティスファーマ社グローバル事業開発バイスプレジデント、前スターリングヘルスUSA社ファイナンスバイスプレジデント。グローバルなヘルスケア企業において、事業開発・ライセンシング・M&A・ファイナンス分野の責任者として24年以上もの豊富な経験と実績を有する。現在、VOX Telehealth and BiohealthonimicsのAdvisory BoardやGovernors of the Certified Licensing ProfessionalsのBoard memberを務める。
ロビン・キャンベル Robin D. Campbell
取締役(社外)
1984年Wake Forest University薬学部にて博士号を取得後、同年Ciba-Geigy Corporationへ入社し医薬のキャリアを歩み始める。 1989年にAmgen Inc.へ入社し、製品開発シニアディレクターや米オンコロジービジネスユニットバイスプレジデント兼ジェネラルマネジャー等の要職を歴任する。 その後、2004年から2008年までNaryx Pharma, Inc.の社長兼CEOに就任。 現在は研究基盤技術企業であるAptitude Medical Systemsの取締役会議長、ならびに米国上場のバイオ医薬品企業であるPfenex, Inc.の取締役を務める。 また、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の講師として技術管理講座で事業戦略とマーケティングを担当している。
渡部 潔 Kiyoshi Watanabe
常勤監査役(社外)
1974年一橋大学商学部卒業後、株式会社日本興業銀行(興銀)(現株式会社みずほ銀行)入行。1978年米国Purdue大学経営大学院修士課程修了(MSM)。1998年興銀審査部米州企業審査室長(ニューヨーク駐在)。2003年協和発酵工業株式会社経営企画室長、2005年同社医薬企画部長を経て、2008年に協和発酵バイオ株式会社企画管理部長。2011年川口化学工業株式会社常勤監査役、2015年より東邦アセチレン株式会社非常勤監査役(現任)。
一條 實昭 Saneaki Ichijo
監査役(社外)
1968年中央大学法学部卒業後、ニューヨーク大学ロースクール修士課程終了。1973年弁護士登録(第一東京弁護士会)し、アンダーソン・毛利・ラビノウィッツ法律事務所(現アンダーソン・毛利・友常法律事務所)に入所し現在に至る。
遠藤 今朝夫 Kesao Endo
監査役(社外)
1983年公認会計士登録。1984年にプライスウォーターハウスコンサルタント株式会社へ入社。その後1986年にデロイトアンドトウシュ会計事務所へ入所し、ロスアンゼルス及びニューヨーク事務所に勤務。1991年米国公認会計士登録。現在は、曙ブレーキ工業株式会社社外監査役、キャリアリンク株式会社社外取締役、ならびに、ABS監査法人代表社員を務める。